萱アートコンペ2020 10/3~10/25

Press release

メディア各位
                    
 2020年10月3日より、千曲市戸倉 坂井銘醸 蕎麦料理処「萱」 併設 アートギャラリーBlanc(ブラン)、酛蔵( もとぐら)、昭和蔵に於いて、「萱アートコンペ2020」を開催いたします。2016年より開催された当該コンペ企画展は五回目となります。
 規定に則った(作品の大きさ:455×380×50 mm / 額装含む / 以内)自由なコンテンポラリー作品(油彩画、水彩画、版画、ドローイング、コラージュ、他)を広く公募し、招聘審査員による審査を行い、賞与作品を選出した作品展を開催します。昨今のコロナ事象による社会環境の変化に対し、会場設営、イベントに関して、相応の照応を行なう予定でおります。

 賞は、大賞(賞金10万円)、優秀賞(賞金2万円)、奨励賞(賞金1万円)、萱賞(観客人気投票買上賞)、梅田版画工房賞(リトグラフ制作)、昭和蔵賞(昭和蔵個展開催権)、Blanc 賞(萱アートギャラリーブラン個展開催権)、森と人と賞(協賛提供品)、ロジェ賞(ロジェ関連施設での作品展示)、FLATFILE賞(FlatFileオリジナル額装進呈)、萱賞(観客による人気投票賞:買い上げ賞)です。

 近隣にスタジオを構え内外で活躍している現代美術作家の、木村仁氏(美術家:元信州大学美術科教授)、小山利枝子氏(画家)、丸田恭子氏(画家)、山貝征典(キュレーター、清泉女学院大学准教授)、松本直樹氏(美術家)、実行委員長・梅田明雄(梅田版画工房主宰)、坂井酩醸株式会社・代表取締役坂井永一(副実行委員長)、7名が2020年9/6日に、応募作品全131作品に対して審査を行い、22入選作品、9賞与作品を選出しました。

 コンテンポラリーアートが地域に広く浸透し、当該施設自体が藝術の萌芽する環境・場となり、さらに地域の文化深化活性の一端となると同時に感染による社会閉塞感を切り開く事例となれば、幸いです。
 10月3日(日)午後3時より、授賞式及びレセプションを開催いたします。つきましては、メディア各社の皆様に、開催の告知及び企画展並びに付帯イベントの取材を賜りますようお願い申し上げます。

関連イベント

 10月18日日曜日、昭和蔵にてリトグラフワークショップ開催。
 時間10:00~16:00
 料金‥¥5000(材料費込み)定員‥6名
 リトグラフとはどういう版画なのかを体験していただく講座です。

会期 : 2020年10月3日(土)~10 月25日(日)無休 / 9:00~17:00 入場無料
場所・会場 ; 千曲市戸倉 坂井銘醸 蕎麦料理処「萱」 併設 アートギャラリーBlanc(ブラン)及び、酛蔵(もとぐら)、昭和蔵
協賛:長野リネンサプライ株式会社・亀清旅館・若林ハイツ・サービス付き高齢者向け住宅「森と人と」・上山田ホテル・ギャラリー駒・美容室 Mannish・フレックスジャパン株式会社・ロジェ・ア・ターブル・FLATFILE・オフィス イースト ワン・クマサ計画・Create Bag・ごったく・Blanc・坂井銘醸株式会社・梅田版画工房
後援:千曲市・坂城町・千曲市教育委員会・坂城町教育委員会・千曲市文化芸術協会・信濃毎日新聞社・長野市民新聞社・株式会社信州ケーブルテレビジョン
主催 :萱アートコンペ実行委員会(〒389-0822 千曲市上山田671-2 梅田版画工房内)

取材お問い合わせ:026-276-1316 担当 梅田まで

おすすめ