萱アートコンペ2021 10/2~10/24

kayart kacsup 2021 Initial explanation

カヤート KAYART

 萱アートコンペ実行委員、うらのくみ子氏のアートディレクションにて、萱アートコンペ受賞作家(若しくは入選作家)などによる、展覧会プロジェクトを、ディレクタ主導の元、作家達の会議にて企画詳細を自立発展させ、7月に、プレイベント展として開催いたします。

 これまで開催5回を経た萱アートコンペで受賞作家作品(受賞その後)を当該地(場)へ繋ぎ止めながら、各位の成熟進捗をこの地で展開していただく、コンペから枝分かれした機会となり、重ねて本展へのプレイベントとして、新しい表出の形となることを期待しています。

 萱アートコンペは会を重ねる毎に、応募者および受賞作家は増えていいきますので、「カヤート」に参画する作家幅(可能性)も広がります。企画詳細を巡った会議及び運営に関しては、アートディレクターがこれを牽引しつつ、これに同意する作家たちが、当該施設への関与の形を模索していただくようなことになります。


カクサプ KACSUP

 8月に、当該コンペプロジェクトの大きな特異性である、審査員、実行委員、など、萱アートコンペを支える人間が、作家性に富んでいる特徴を持っていることから、かれらによる作品展を行い、これをプレイベント化させ、当該アートコンペ展の認識、理解、活性を促します。本年度第1回目は、萱アートコンペ実行委員の、伊藤倫氏が、詳細を率先してアートディレクションを行い牽引します。

 これまで、審査員各位には、当該コンペ本展期間中に、応募者作品展示と切り離した差別的壁面での作品展示のご協力をしていただいたことがありましたが、場所性や審査員各位のご都合もあり、その展開は充分ではなかった経緯があります。

 審査員全てに依頼強要できるものではない上、現行の実行委員諸氏は、作家性を持っている者が少なくないという実践構造事情を鑑みて、少数精鋭にて運営維持する全体を健やかに明示する透明性を示す機会として、このプレイベントを設置することにいたしました。展示スペース対象は、ギャラリーBlanc(+酛蔵)となります。




kayart21 PDF >> / kacsap21 PDF >>