萱アートコンペ2019 10/5~10/27

坂井永一(RAUM戸倉宿:坂井銘醸造 代表取締役)





坂井永一(Eiichi Sakai)(RAUM戸倉宿:坂井銘醸造 代表取締役)

http://www.sakagura.co.jp/

90年代半ばより、坂井酩醸造「昭和蔵」を多目的スペースとして展開。

    蕎麦料理処「萱」
    元々は酒屋(蔵元 坂井銘醸)の母屋として使用していた振舞い用の座敷9室を、古文書を頼りに復元、そば処として平成6年に開店。
    江戸時代の面影を残す民家造りの店内では、本格的なそばとそば料理をお楽しみいただけます。
    カフェ萱の庵
    信州産のそば粉は、そばの風味が強く香り高いそば粉です。
    当店では、そんな信州産そば粉を使用した「そばガレット」や「そばクレープ」などの他、様々な“そばデザ-ト”を味わっていただけます。
    おみやげ処萱の庵
    店内に並ぶのは、自慢の日本酒や萱の庵オリジナル商品、信州の名産品の数々。
    日本酒の試飲コーナーもございます。
    広い店内は、カフェ萱の庵と隣接。居心地の良い空間を目指しています。ごゆっくりご覧ください。
    蔵元 坂井銘醸
    歴史在る蔵元の長野県千曲市に位置し、四百年の歴史をもつ。
    豊かな自然と千曲川に恵みを賜りながら、信州の味を受け継いできました。
    昔の面影を残しているかやぶき屋根の酒蔵を資料館として開放し、酒造りの資料、道具、古文書等を展示しております。
    また、陶芸やステンドグラスを体験できるプログラムもご紹介しております。
    旅の途中、心洗われる空間をお楽しみください。

酒造コレクション
入場料 無料
開館時間 午前9時~午後5時
休館日 1月1日
お問い合わせ 026(275)2923

当酒蔵は、約2,000石の清酒を造って来た数多くの酒蔵と蔵の一部に加舎白雄(かやしらお)館、夢二絵画館、酒造資料室、北国街道歴史資料室の四資科室を併設、これに母屋を加えて構成されています。
現在残っている最も古い建物は、国道18号線に沿って昔の面影を残しているかやぶき屋根の母屋で宝暦10年(1760年)7月の大火で焼けた後建て直したもので、230年以上の歳月をへております。酒蔵は酒造石高が増えるにしたがい建増し建替えを繰り返し、現在一番古い酒蔵は宝暦蔵でこのほか寛政蔵、慶応蔵、明治蔵、大正蔵等が残っております。
展示資料については季節により年により一部入れ替えが行われますが、これら資料および酒蔵の開放がこの地を訪れる人々のなぐさめとなり民俗文化の研究にいささかでもお役にたてば幸いであります。

体験工房
坂井家の歴史
俳人白雄と坂井家八代目坂井鳥奴